結婚式の着物マナー

Wedding Party Navi

押さえておきたい結婚式の着物マナー

結婚式は着物を着る良い機会です。
しかし、色柄や小物使いなど分からないと感じることも多いのではないでしょうか。
押さえておきたい基本的なマナーをご紹介します。
まずは、着物の種類です。
友人の結婚式で未婚であれば振袖や訪問着、既婚であれば訪問着が無難です。
一つ紋付きの色無地も格としては充分ですが、帯合わせを間違えると非常に地味になってしまうので注意が必要です。
親族であれば黒留袖、色留袖、訪問着等がふさわしいでしょう。
帯はいずれの場合も金糸銀糸を用いた華やかな袋帯を締めます。
結び方は、留袖、訪問着には二重太鼓が一般的です。振袖では飾り結びをする場合もありますが、長時間座ることも多いので厚みの出ない結び方を希望してみても。
新品購入は、一式セットで20万円前後から。
数万円程度でレンタルするのも一案です。
次に着物の色です。白は花嫁の色なので、避けましょう。
また、新婦のお色直しの衣装の色ともかぶらないようにする方が無難です。
最後に帯締めや帯揚げについて。訪問着や振袖には、絞りや金糸銀糸使いで、色のあるもの、留袖では白地の慶事用のものが良いでしょう。
ポイントを押さえた装いで結婚式を華やかに彩りましょう。

結婚式で着物を着ると、周囲からの印象がアップします。

結婚式で着物を選ぶ人が増加しています。
フォーマルな席ですから、ドレスの場合は素材感や色、丈などの様々なルールを気にしなくてはなりませんが、着物の場合はそうした心配は特に必要ありません。
流行りに流されることもないので、結婚式に相応しい菊や流水文様などの柄を選べば、より場に相応しいスタイルになります。
縁起の良い柄を選び、見た目に合うものを選べば、新郎新婦や親族にも良い印象を与えることができます。
着物は、年齢や結婚しているかどうかによって変えなければならない点はありますが、特殊な着付が必要になることはなく、ドレスと違って他の参列者と色がかぶってしまうといったこともほとんどありません。
着ているだけでより華やかで上品な雰囲気が演出でき、洋装とは違った魅力を引き出すことができます。
結婚式などでしか着る機会がないものでもありますので、袖を通して和の心を改めて感じることができるのも魅力です。
ドレスにはない繊細な模様や縫製は、日本の良さを感じる部分です。

注目サイト



Last update:2020/4/2


copyright(c) 2015 Wedding Party Navi. all rights reserved.